大事な娘に贈るプレゼント|祈りを込めた雛人形

レディー

伝統的行事にもブームが

端午の節句

戦国武将のゆかりの地を訪ねるツアーがあったり、戦国武将に関連するグッズがたくさん売れるなどの「戦国武将」ブームが近年起こっています。戦乱の世をたくましく生きた戦国武将たちは、身近な存在です。はるか昔の日本で、家を継ぎ後世まで繁栄させるため生まれた男の子の健やかな成長を祈り、端午の節句は誕生しました。神社に大切な兜や鎧を奉納し、戦の怪我防止や活躍を願うしきたりが各地にあります。武家社会ならではのこの風習は、時を超えて、五月人形を飾り子供の健康を祈願する重要な行事となりました。五月人形は端午の節句に欠かせないものですが、時代の変化にともない五月人形の選び方も変わってきています。
五月人形には、兜と鎧、おおまかに二種類あります。どちらを選択しても問題はないのですが、それぞれの持つ意味から選ぶこともできます。鎧は兜と違い、すべての防具が揃った状態から、長男に持たせるのがよいとされている説もあります。兜や鎧の意味にあまりとらわれずに、五月人形を価格から選ぶことも少なくありません。五月人形のほかに、端午の節句では鯉のぼりもありますので、同時に購入する際は価格も重視して検討したほうがよいでしょう。最近の「戦国武将」ブームにより、五月人形の兜や鎧には、実在する戦国武将が身につけた兜や鎧をイメージして作られたものが登場し、人気を集めています。戦国武将のようにまっすぐ生き抜いてほしい、立派な人間に成長してほしいという親の願いから生まれたものです。

Copyright© 2016 大事な娘に贈るプレゼント|祈りを込めた雛人形 All Rights Reserved.